当サイトでは,公務員試験対策に必要な知識や情報を,経済科目を中心に整理してご紹介します。

効用

効用関数
例)U=2xy U;効用, x;X財の消費量, y;Y財の消費量
 →x=1,y=3のとき,U=6

効用----- 財(モノ)やサービス(無形の商品)の消費によって得られる満足
限界効用(MU)-----財の消費量を1単位増やしたときの効用の増加分

□限界効用逓減の法則
 →財の消費量を増やすと効用の増加分(限界効用)は次第に減少する ...との法則

□基数的効用と序数的効用
 基数的効用 ⇒ 効用を数値化
 序数的効用 ⇒ 効用の大小関係を重視

【過去問をチェック!】

無差別曲線

無差別曲線
→満足度が等しい「2つの財の消費量の組み合わせ」を示す曲線

□無差別曲線の性質
@右下がりの傾き
A原点に対して凸(限界代替率逓減の法則)
B互いに交わらない
C右上の曲線ほど効用水準が高い

【過去問をチェック!】
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。