当サイトでは,公務員試験対策に必要な知識や情報を,経済科目を中心に整理してご紹介します。

完全競争市場

完全競争市場の4条件
@消費者,生産者が多数(独占・寡占ではない)
A財・サービスが同質(差別化が存在しない)
B情報が完全(情報の非対称性が存在しない)
C参入,撤退が自由

【過去問】
完全競争市場が成立するための基本的要件として最も妥当なのは、次のうちどれか。【国U】

1.売り手、買い手とも、取引の対象である商品の価格のみならず、ブランド、デザインなどの要素を考慮して行動すること。
2.売り手は取引の対象である商品の価格を操作できる状態にあり、そのためにその商品の市場に関して完全な情報を得ることができる。
3.売り手、すなわち取引の対象となる商品の生産者は多数存在して、いわば「大海の一滴」であることを要するが、買い手としては、必ずしもそのような要件は満たされる必要はない。
4.売り手は、商品がもつ特許や、行政指導が行なわれているなど、自由な取引に関して障害となる事項については必要な情報が常に与えられていること。
5.売り手、買い手とも取引の対象である商品の価格は与えられたものとされており、かつ、その商品の価格のみを考慮して行動すること。

【解答】
 正答 5
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。